2012年10月25日 13:52 | コメント(0) | トラックバック(0)

<買取>シャネル/香水「No.5 EDT」<金の豚本八幡店>

MY1210DP0895_1.JPG

みなさん、こんにちは。
「金の豚」本八幡店です。

本日のお買取品のご紹介です。
シャネルの香水
NO.5です。

香水の中では当店で一番買取が多いのがシャネルです。
中でも「NO.5」と「No.19」は、
とても多く、その人気の高さが伺えます。


香水は体や衣服につけて香りを楽しむものですが、
カテゴリとしては「化粧品」の一種と考えられています。

その歴史は古く、紀元前1850年頃には
すでに古代ギリシアで製造されていました。
香水製造工場の跡地が発掘されています。

風呂好きで生物学的にも体臭が弱いと言われる日本人には
それほど馴染みがないのかもしれませんが、
諸外国では香水が必需品というところも多くあります。

歴史的には16世紀から19世紀まで
ヨーロッパではお風呂に入る習慣がありませんでした

理由は入浴を通じて
「梅毒」などの病気がうつると信じられていたからです。
そのため、体臭消しとして香水はとても重要でした。

また有名なエピソードとしては、
「風とともに去りぬ」の主人公スカーレット・オハラが
自身の酒臭さを消すために、
なんと香水でうがいをするというシーンが登場します。
彼女の型に囚われない性格や、行動力の強さをあらわしたそうです。


現在は体臭消しというよりも「おしゃれ」や「エチケット」
としての香水が一般的となりました。

日本でも有名なモデルさんやアイドル、女優さんなどが愛用しており、
愛用している情報などがアップされると、
それが飛ぶように売れるそうです。

オフィスやビジネスシーンでは、
敬遠されがちな香水ですが、
TPOに合わせて楽しめるのは、「大人」だなとつくづく思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-株式会社スプートニク-
URL:http://kinnobuta.net/
千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブウエスト2F
TEL:043-273-6022 FAX:043-273-5566
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sputnik-re.com/mt/mt-tb.cgi/404

コメントする