2012年10月26日 13:24 | コメント(0) | トラックバック(0)

<買取>日本古銭/一朱銀<金の豚本八幡店>

MY1209FB0894D_1.JPG
みなさん、こんにちは。
「金の豚」本八幡店です。

本日のお買取品のご紹介です。
日本古銭
「一朱銀」です。

一朱銀(いっしゅぎん)とは、
江戸時代後期に流通した長方形短冊形の銀貨の一種です。


一朱銀とひと口に言っても、
種類は3つあります。


1、文政南鐐一朱銀(ぶんせいなんりょういっしゅぎん)

2、嘉永一朱銀(かえいいっしゅぎん)

3、貨幣司一朱銀(かへいしいっしゅぎん)

ですが2の嘉永一朱銀については、
細かく分類すると、嘉永一朱銀と
安政一朱銀(あんせいいっしゅぎん)に分けることができます。

これは書体の系統で分けられており、
天保一分銀に関連のあるものが嘉永一朱銀。
安政一分銀と関連の深いものが安政一朱銀と呼ばれます。
嘉永一朱銀は35種類
安政一朱銀は63種類もの
字体の組み合わせがあります。

ですが、どちらの銀品位については差がなく、
改鋳が行われたとという記録が存在していないため、
嘉永一朱銀としてまとめられています。


一朱銀それぞれのお話をすると長くなってしまいますので、
またの機会にさせていただきたいと思います。


貴重な古銭をお売りいただき、ありがとうございました。


【参考資料】
名    称:文政南鐐一朱銀
鋳造開始:文政12年(1829年)
分析品位:金0.14%・銀98.95%・雑0.91%
規定量目:0.7匁(2.62g)
 鋳造量 :8,744,572両2分(139,913,160枚)

名    称:嘉永一朱銀
鋳造開始:嘉永6年(1853年)
分析品位:金0.17%・銀98.71%・雑1.12%
規定量目:0.5匁(1.87g)
 鋳造量 :9,952,800両(159,244,800枚)

名    称:貨幣司一朱銀
鋳造開始:明治元年(1868年)
分析品位:金0.11%・銀87.91%・雑11.98%
規定量目:0.5匁(1.87g)
 鋳造量 :1,171,400両(18,742,400枚)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-株式会社スプートニク-
URL:http://kinnobuta.net/
千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBGマリブウエスト2F
TEL:043-273-6022 FAX:043-273-5566
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sputnik-re.com/mt/mt-tb.cgi/408

コメントする